ニュースリリース

2021年入社式社長訓示(要旨)

2021年4月1日

化學の力で社會を変える

寫真:代表取締役社長 森川宏平代表取締役社長
森川 宏平

 昭和電工グループは日立化成(現 昭和電工マテリアルズ)をパートナーとして、新たな一歩を踏み出した。まさに、100年に一度の大きな変化だ。

 昨年12月に発表した長期ビジョンでは、統合新會社の存在意義?パーパスを「化學の力で社會を変える」とした。これを実現するために當社グループは、先端材料パートナーとして時代が求める機能を創出してグローバル社會の持続可能な発展に貢獻する「世界で戦える會社」、「持続可能なグローバル社會に貢獻する會社」に進化することを目指している。

 真の一流に向かって全員で歩みだす。2021年はそういう意味を持つ1年だ。

変化を進化に変える

 昭和電工グループという舞臺で、本日から新たな一歩を踏み出す新入社員の皆さんに期待することを3點伝える。

  1. 1.考える
    新入社員の皆さん自身のために、そして會社の成長のために、自分たちに「何ができるか」だけではなく、世の中が「何を求めているか」、自分たちが「どうあるべきか」を考え、そのために何が足りないかを考える、バックキャスティングの視點を意識してほしい。學業とは違い正解は複數ある。また時代によって正解は変わっていくものだ。広い視野で最新の情報を入手し続け、感度を鈍らせないよう努力を惜しまないでほしい。
  2. 2.有言実行
    掲げた目標を言葉にし、必ず実行すること。言葉にすることで、覚悟と責任が生まれる。困難が伴っても簡単にあきらめずに、昭和電工のDNAである「不撓不屈」の精神で、覚悟と責任をもってこれからの仕事に取り組んでほしい。
  3. 3.大きな変化を経験できることを楽しむ
    長期ビジョンに沿って、本気で世界トップになろうという志を共有してもらいたい。その志を達成するためのチケットを我々は手にしている。変化を進化に変えるのはみなさん一人ひとりの力だ。

◆ 報道機関お問合せ先:
CSR?コミュニケーション室 03-5470-3235

ページトップへ