コミュニティへの參畫

基本的な考え方?方針

當社グループは、グループCSR方針で掲げる“社會貢獻企業”の実現に向け、積極的にコミュニティへ參畫するとともに、地域の皆様との誠実な対話を通じて相互理解を深め、地域社會の持続可能な発展につながる課題解決に協働して取り組みます。

地域?社會貢獻活動実績

■ 2019年の國內グループ(昭和電工+國內グループ會社)活動実績
※(  )は昭和電工単體の実績
取り組み內容実績
教育関連
(次代を擔う人材育成)
社員の講師としての派遣

59回開催、1,612人?時間派遣
(46回、1,574人?時間)

インターンの受け入れ 37件実施、120人受け入れ
(29件、97人)
學校の工場見學受け入れ 1,926人
(1,628人)
事業場周辺の
環境整備
美化活動 339回、延べ6,657人?時間実施
(111回、5,389人?時間)
蕓術?文化?
スポーツ振興
蕓術?文化?スポーツ振興への協力 26,953,000円支出
(25,486,000円)
地域との交流 イベント開催 9,631人參加
(9,172人)
施設の貸し出し 延べ14,070時間貸し出し
(14,063時間)
工場見學受け入れ
(近隣地域、社員のご家族、行政関係の皆様)

2,695人受け入れ
(2,420人)

地域発展?福祉 地域経済との調和 2,820,000円支出
(1,723,000円)
アルミ缶リサイクル活動収益金
(※さまざまな団體や施設に寄付)
1,600,000円
NPO?地元団體との協働 679,000円支出
(286,000円)
社會貢獻費用総額
※人件費を除く
上記の內容を含む社會貢獻費用の総額


321,916,000円

今後に向けて

地域のステークホルダーが認識している社會的課題をコミュニケーションによって集約し、課題解決に資する取り組みを実施します。具體的には、事業場、関係會社ごとにこれまでの活動を踏まえながら、以下の取り組みをそれぞれの立地する地域社會の狀況に合わせて開始しています。

  1. (1)地域社會とのコミュニケーションにより課題を明確
  2. (2)中長期(~2025年)のビジョン?重點テーマを策定
  3. (3)年度活動計畫をつくり、実行する

今後、事業場?グループ會社別の取り組みテーマと実施內容を隨時公開していく予定です。

 

CSR投資 事例(1)「さくらんぼマラソンへの協賛」

さくらんぼマラソン ボランティアの様子ボランティアの様子

昭和電工HD山形(株)は地域の文化?スポーツ振興を支援するため、毎年、山形県東根市で開催される東北最大級のマラソン大會「果樹王國ひがしね さくらんぼマラソン大會」に特別協賛しています。また、社員が氷水で冷やしたタオルをランナーに提供するなど、大會運営にも協力しています。2019年は総勢48名のボランティアが近隣企業と協働したほか、當社グループより多數の社員がランナーとして參加しました。

 

CSR投資 事例(2)「大分スポーツ公園のネーミングライツ取得」

大分スポーツ公園寫真中央の総合競技場が「昭和電工ドーム大分」

大分スポーツ公園総合競技場などの施設は、當社の中核事業の一つを擔う大分石油化學コンビナートが立地する大分県の代表的な施設であり、サッカー
Jリーグや各種スポーツ大會等に広く活用されています。
當社は大分スポーツ公園內の施設について、大分県からネーミングライツ(命名権)を取得しました。総合競技場は「昭和電工ドーム大分」と命名され、2019年から2024年までの5年間、この名前が使われることになります。命名権料の一部は、地域貢獻?スポーツ振興事業(パートナーシップ事業)に充當され、同県のスポーツ振興への寄與と地域社會の活性化に役立てられます。
また、サッカーJリーグの大分トリニータも地域密著型チームとして、地域の活性化?スポーツ振興に大きく貢獻していることから、同チームへの支援が當社のCSR活動のさらなる向上につながると考え、2020年よりユニフォームスポンサーとして支援することを決定しました。

ページトップへ