環境データ全體像

環境負荷実績

國內グループ

資源の利用と環境への負荷
  • *1 2019年集計分より、GHGプロトコルに基づいて換算しています。
  • *2 「國內グループ會社」の範囲(2020年6月現在):連結対象グループ會社のうち、次の國內製造業9社の合計。サンアロマー、昭和電工ガスプロダクツ、昭和電工セラミックス(富山)、昭和アルミニウム缶、昭和電工パッケージング、新潟昭和、昭和電工研裝、昭和電工HD山形、昭和ファインセラミックス。ただし、溫室効果ガス排出量は、昭和電工エレクトロニクス、鶴崎共同動力を含み、溫対法特定排出者として報告義務のない新潟昭和、昭和電工研裝、昭和ファインセラミックスを除く
  • *3 日化協有害大気汚染物質排出量は、日化協PRTR対象物質に含まれる。
  • *4 産業廃棄物埋立処分量は、その年の生産活動に由來した廃棄物のみ対象とした。

海外グループ

海外グループ會社 環境負荷実績
 単位2015年2016年2017年2018年2019年
溫室効果ガス排出量 千t  445  402  416   735   636
水使用量 萬m3  336  330  358   525   473
特定排水量 千t 2,188 2,162 2,093   3,583  3,111
産業廃棄物(埋立量) t 3,864 4,748 5,813 11,374  12,217
  • *海外における溫室効果ガス排出量の算定対象は3000tCO2以上の排出がある事業場。
  • *2018年より昭和電工カーボンドイツ、昭和電工カーボンオーストリア、昭和電工カーボンスペイン、昭和電工カーボンマレーシアを新たに含む。
  • *2019年よりハナキャンズを新たに含む。

ページトップへ